みっつの出来事
2020年9月

9月24日(木)

  1. 経済警察委員会の審議を行ったこと。和歌山県経済への影響と対応について質疑を交わしました。
  2. 広島県の方が会議のため和歌山市まで来てくれたこと。日帰りで協議を行ってから戻ったのですが、遠路、信頼に基づいて来てくれたことに感謝しています。
  3. 友人達との話し合いを行ったこと。心からの気配りに感謝しています。

9月23日(水)

  1. 和歌山県宇宙教育研究会が設立された話を聞いたこと。早速、桐蔭高校と向陽高校を訪ねました。和歌山県での宇宙教育が加速化することを期待しています。
  2. 「お話は、大人が子どもに贈ることのできる、いちばん命の長い贈り物だと思います」の言葉を知ったこと。「愛蔵版おはなしのろうそく」シリーズの前書きに書かれている言葉だそうです。
  3. 友人がいることの有り難さを感じたこと。今日一日を乗り越える力になるものです。

9月22日(祝・火)

  1. 「半沢直樹アルルカンと道化師」を読んだこと。この物語も一気に読み終えてしまう爽快さでした。
  2. 故郷の偉人の学習会の心得の話を交わしたこと。生き様を話すことは伝記を読んでいるようでワクワクします。
  3. 心が沈むと体は重くなりますし、体が疲れたと感じると心が沈みますが、元は心だと話したこと。ただ見えないものを理解することは難しいことだと感じています。

9月21日(祝・月)

  1. フロリダ州とのWeb会議の連絡をもらったこと。現地の方と交信するのは久しぶりのことになります。
  2. 宇宙教育に関する話を伺ったこと。和歌山県の宇宙教育に関しては、つくづく上野精一さんの功績が大きいと感じています。
  3. 秋の研修会と学習会の打ち合わせと意見交換を行ったこと。今から準備を進めています。

9月20日(日)

  1. 数人の方から「昨日、議会の様子をテレビで見ました」と連絡をもらったこと。「言葉がきっちりと伝わってきました。国会中継を見ていても、ただ読んでいるだけの人もいますが、それでは伝わってこないです」と伝えてくれた方もいました。
  2. HoneyGOLDのメンバーが、和歌山市内ぶらくり丁でミニコンサートを行ってくれたこと。商店街活性化のために来てくれたことに感謝しています。
  3. ぶらくり丁の方とまちの再開発に関する話を交わしたこと。日曜日ですが人通りが少なく、再開発の現状について話し合いました。

9月19日(土)

  1. 2年前の台風第21号の被害を受けて損壊した県雑賀崎工業団地の堤防が完成した現場を確認できたこと。工業団地の安全と安心につながるものです。
  2. 研修会に係る打ち合わせを行ったこと。新型コロナウイルス感染症の状況にもよりますが、計画を立てているところです。
  3. 和歌山会議を開催したこと。旭学園へのマスク寄贈の報告と子ども達からのメッセージを会員の方々に披露しました。

9月18日(金)

  1. 県議会一般質問を行ったこと。質疑を聞いてくれた報道の方が「とても勉強になりました」と言って、質問の内容を聴き取りに来てくれたこと。
  2. 音楽関係者から「今日、議会に行けなかったので今から夜のテレビ中継を楽しみにしています」と電話をもらったこと。
  3. 議会のため出席できなかったのですが、今日、年次大会があり、退任役員と新任役員の皆さんとの懇談会に招いていただいたこと。人が変わることは寂しいことですが、組織は人が変わることで生き続けるものだと思います。

9月17日(木)

  1. 新型コロナウイルス感染症に関わる経済対策関係の補正予算案を議決したこと。予算を可決したことで今日から対応することになりました。
  2. 日本人は「静かな強さ」「言わないでも分かる」などの特長を持っていると理解し合えたこと。
  3. 「日本書紀」と「古事記」に関する意見交換を行ったこと。「記紀」には、現代の日本人が有している大切な価値があります。宇宙開発の時代になって外国人が気づいたことを日本人は2600年以上も前から有しているのです。長時間の議論、ありがとうございました。明日の質問に厚みが出てくるものです。

9月16日(水)

  1. 「その人の生き方が外に醸し出されてきます」と伝えてくれたこと。心が外に現れると思います。
  2. 令和2年9月県議会一般質問が始まったこと。新鮮な県政の論戦が繰り広げられているので、とても勉強になります。
  3. 友人達との懇談会に参加したこと。久しぶりの会合を嬉しく思います。

9月15日(火)

  1. 午前中、環境を整えるためのパーテーションを運搬してくれたこと。お忙しい中、時間を費やしてくれたことに感謝しています。
  2. 和歌山県に企業誘致を進めるためには、地元教育が大事であることを話したこと。企業が求める人材を輩出する和歌山県でありたいものです。
  3. 経営者セミナーの講師をお願いしたところ快く引き受けてくれたこと。新型コロナウイルス感染症対応で大変な時期ですが、「あなたからの依頼であれば」と言って引き受けてくれたことに感謝しています。

9月14日(月)

  1. 令和3年に、岡公園の陸奥宗光元外務大臣の銅像の除幕式から50年を迎えるにあたっての協議を行ったこと。良い式典に仕上げたいと話し合いました。
  2. 現場の混乱が発生したのですが、咄嗟に見事な対応をしてくれたこと。今朝から夕方まで時間を要しましたがうまく収まりました。
  3. 現場の混乱が収まったので、その対応と報告のためEさんが立ち寄ってくれたこと。現場に行ってくれていたので対応ができたことを嬉しく思います。

9月13日(日)

  1. 技術の資格を取得できる教育機関について協議を行ったこと。和歌山県内で働ける教育環境を整える気持ちに触れることができました。
  2. 「仕事を組む相手は選ぶこと」の話を聞かせてもらったこと。仕事は誰が関わるかによって決まるからです。
  3. 避難所へのペット同伴避難について熊本県荒尾市が受け入れたことの話を交わしたこと。市民の声が高まったことから実現したと聞かせてもらいました。

9月12日(土)

  1. 昨日のお祝い会の参加メンバーと話を交わしたこと。よい交流機会となったことを嬉しく思います。
  2. 「明るく元気に捉えています」と新型コロナウイルス感染症でお店が大変な中、経営者の方が前向きに話してくれたこと。
  3. 感染症対策を実施しているライブハウスの取り組み「Go to live」の記事が地方紙に掲載されたこと。

9月11日(金)

  1. 一般質問の打ち合わせを行ったこと。職員の皆さんと議論を交わして論点を明らかにしています。
  2. 当局と議論を交わしながら議員の責務について考えたこと。問題点を発見し、考える機会を大切にしたいと思います。
  3. お世話になっている方のお祝いの会を開催したこと。友人が集まってささやかな会を催しました。「今日の会を楽しみにしていました。朝からソワソワしていました」と話してくれたことを嬉しく思います。

9月10日(木)

  1. 以前の僕の予算特別委員会の質疑を基に、その後の進捗と解決すべき課題について議論を行ったこと。
  2. 議長宛に通告した一般質問の内容について議論を交わしたこと。議論を交わして県政の課題を掘り下げていきます。
  3. 友人が訪ねてくれたこと。曰く「人が信頼に基づいて情報を運んでくれる」のです。

9月9日(水)

  1. 令和2年9月県議会定例会が開会したこと。この議会で一般質問を行うので、しっかりと議論を交わしたいと思います。
  2. 「片桐さんの一般質問の日が決まったのですね、是非、見ます」「ブログも見て応援しています」などの声を聞かせてくれたこと。
  3. スケジュール管理などの打ち合わせを行ったこと。日程調整の効率的方法について、調べて丁寧に説明してくれるので有り難いです。

9月8日(火)

  1. 僕が紹介した人のことを「あの人は信頼できる人です。気配りができ、言葉遣いも丁寧です」と話してくれたこと。紹介した甲斐があります。
  2. 和歌山大学の秋山先生の研究室を訪ねたこと。最近の取り組みについて講義をしてもらいました。
  3. とても重いパーテーションの運搬を手伝ってもらったこと。パーテーションを生かした執務室になりました。

9月7日(月)

  1. 和歌山県の将来につながる企画を協議したこと。これらの取り組みを実現させたいと考えています。
  2. 政策懇談会で意見交換を行ったこと。令和2年9月議会に向けた政策懇談会を実施できたことを嬉しく思います。
  3. これから和歌山県で実現したいプロジェクトの協議を行ったこと。ご縁と出会う機会、そして人のつながりが物事を動かします。意見交換を行った方からの「友人との濃密な2時間でした」の言葉を嬉しく思います。

9月6日(日)

  1. 「褒め名人」から誉め言葉を聞かせてもらったこと。誉め言葉は心を元気に転換してくる作用があります。
  2. 旅行の効用を聞かせてもらったこと。現地で感じたことで生活や仕事に生かせることがあります。
  3. 一般質問の原稿作成に取り掛かったこと。9月9日に県議会が開会します。一般質問を行う予定にしています。

9月5日(土)

  1. 過日の奉仕活動のことが地方紙に記事掲載されたこと。団体のメンバーも記事掲載されたことを喜ぶと思います。
  2. 日常の中の些細な出来事を伝えてもらったこと。小さな出来事が嬉しさにつながっています。
  3. ナームの集いに参加したこと。信濃路の西平社長のこれまでの歩みと経営についての話を聞かせてもらいました。

9月4日(金)

  1. 医療機関の方と懇談を行ったこと。大変な状況下ですが、話し合いの時間を持ってくれた事に感謝しています。
  2. 応援してくれている皆さんと意見交換を行ったこと。それぞれの挨拶の言葉に感謝しています。
  3. 友人達との懇親会を行ったこと。明るくて元気、そして熱心に仕事をしている皆さんとの時間、元気をいただきました。

9月3日(木)

  1. ある団体から講師の依頼があったこと。議会後の講演会で日程調整ができたのでお受けしました。
  2. 防犯の話をしたところ、早速、周囲の方に伝えてくれていたこと。治安維持に資することを喜んでくれました。
  3. 社会に役立つ研究、それを実用化に向けた取り組みを聞かせてもらったこと。世に送り出すまでの道のりは遠いのですが、担当とスケジュールを決めて対応することを話し合いました。

9月2日(水)

  1. 「お客さんへの応対は『気動き』と『気心』が大事なことです」と話してくれたこと。「気動き」はお客さんが望んでいることの先を読むこと。「気心」はお茶を出す時の受け皿に手を添えることなど、ちょっとした気配りのことを言います。「気なし」はダメだそうです。
  2. 「きれいなしぐさ」について話してくれたこと。人は「きれい」と思うしぐさと、そうでないしぐさを感覚で理解しています。どうせなら「きれい」と思われるしぐさを実行したいものです。
  3. 教育、研究開発、インバウンド観光および医療の協議を行ったこと。アフターコロナに向けて動き始めています。

9月1日(火)

  1. 白浜町史に掲載されている太刀ケ谷神社の史料をいただいたこと。「一般質問を楽しみにしています」と言葉を添えていただきました。
  2. 二人の方が道路補修完了の報告に来てくれたこと。雨水対策になるので「台風シーズン前に完了してくれてありがとうございます」と伝えてくれました。
  3. ライブハウスの感染症対策について記者発表されたこと。これまでの関係者の取り組みに敬意を表します。