みっつの出来事
2017年12月

12月12日(火)

  1. 入院中のNさんが、発病から今日までの記録をノートにまとめていて、それを見せてもらったこと。日々の出来事を記録できる人は凄い人だと思います。今日、退院できることを嬉しく思います。
  2. 今朝、立ち寄った八百屋さんで、「昨日、ラジオで片桐さんの議会での発言を聴きましたよ」と話してもらったこと。寒い朝から仕入れの仕事をして営業している姿に感動しています。
  3. 元ポーカーの代表選手と話をしたこと。心理戦で相手と戦うことが楽しくならなくては強くならないようです。政治もビジネスも同じだと思います。そして「この仕事をしてきたからみんなと出会えたのでこの道を選んで良かったと思っています」と話してくれたことが印象的でした。

12月11日(月)

  1. 虹 今朝出掛ける時に虹が見えたこと。一般質問の前なので縁起よく感じました。
  2. 生け花 議場の玄関に生け花が飾られていたこと。議会が開会されていることから県庁華道部員さんが飾ってくれたものです。華やかさが議会を盛り上げてくれるようです。
  3. 県議会で一般質問を行ったこと。今年最終の議会で登壇する機会をいただき、県政の課題に触れることが出来たことに感謝しています。皆さんから議場での感想を聞かせてもらいました。
  4. ライブハウスのオーナーとの会話を楽しんだこと。「和歌山市に日本一のライブハウスがあることを知ってもらいたい」と話し合いました。

12月10日(日)

  1. 「テレビドラマの『民衆の敵』を観ています。政治の勉強になります」と会話の中で話してくれたこと。政治に関心を持つきっかけになっているようなので嬉しく思います。
  2. 「片桐さんをNO1にするために頑張ります」と若手メンバーが話してくれたこと。
  3. 宮地区防災避難訓練に参加したこと。参加したことで得られる教訓がありますし、意識と行動につながりました。

12月9日(土)

  1. 50歳の経営者が「初めてのことは怖いので、たくさんのことを経験してきました」と話してくれたこと。とても大事な教訓だと思います。
  2. 関西広域連合議会防災医療常任委員会に出席したこと。広域防災、広域医療について意見交換を図りました。関西広域連合に出席することはエキサイティングな体験になります。
  3. 温かいおでんをいただいたこと。関西広域連合議会の往復の時に冷たい風が吹いていたので心身ともに温まりました。

12月8日(金)

  1. 温かい飲み物「ミロ」をいただいたこと。寒い朝だったこともあり、心身とも温まって一日がスタートしました。
  2. 「カフェを紹介するから」と言って案内してくれたカフェの店主が「片桐さんのことはいつも聞いていますよ。写真で見るよりも格好良いですね」と話してくれたこと。
  3. 一般質問が始まったこと。いつも思うことですが、皆さんのお陰でこの場にいられることを嬉しく思って感謝しています。

12月7日(木)

  1. 献血ライブを開催したこと。初めての取り組みでしたが、屋外のライブでの献血の呼び掛けは効果があり、楽しい献血推進につながりました。協力してくれた「Sweet&Bitter.」と「NONO&COCO」に感謝しています。
  2. 400mlの献血を行ったこと。今回が42回目の献血となり、社会に貢献できていることを実感できる瞬間でした。採血中に看護士さんが「今日は献血に協力してくれた人に焼きたてのパンを配っていますね。とてもセンスが良いと思います。またシンガーの皆さんも献血してくれましたよ」と話してくれたことを嬉しく思います。
  3. 一般質問に関する議論を交わした後、議長宛に通告をしたこと。一般質問をすることで県政を前に推進できていると思えます。

12月6日(水)

  1. 会合参加の呼び掛けに対して「大丈夫。行きますから」と答えてくれたこと。即答で答えてくれた後、「良い話があります」と言って、その話を伝えてくれました。嬉しいことを共有できました。
  2. Tさんから「片桐さんの一般質問は12月11日に決まりましたね。議場に行かせてもらいます」と連絡をもらったこと。更に「議会報告会に参加していたXさんから話があった空き家の問題を取り上げてくれるのですね。Xさんにも伝えます」と喜びの声を届けてくれました。
  3. 「人にはご縁をつなぐという機会を与えます」という話を聞かせてもらったこと。長期的に人が育つために必要なことは良い人脈とのご縁です。そこから切り拓くことが、その人の努力になります。

12月5日(火)

  1. 一般質問に関して議論を交わしたこと。県当局の皆さんとの議論を交わすことで認識が深まります。
  2. 依頼していた必要な書類を届けてくれたこと。「片桐さんにはお世話になっていますから、これぐらいのことは」と答えてくれました。
  3. 華月殿の年末の会合に参加したこと。今年もご一緒させてもらっている楽しいメンバーとの時間を楽しみました。

12月4日(月)

  1. 年末の挨拶に訪ねてくれたKさんが「片桐さんからもらった議会報告書は綴じて保管しています」と話してくれたこと。真面目な人柄で接してくれています。
  2. 和歌山県で国際交流のために働く職員さんの話を聞いたこと。「あの子のことは小さい頃から知っているので、よろしくお願いします」と依頼がありました。「とても評判が良い職員さんですよ」と答えました。
  3. ライオンズクラブガバナー諮問委員会に出席したこと。各クラブの活動報告を聞かせてもらい参考になりましたし地区委員としての報告を行うことが出来ました。

12月3日(日)

  1. 社会の中でコンビニが人材育成の役割を担っていることを知り得たこと。若い人材を育成する指導力と厳しさを持っていることが分かりました。お客さんの応対をすることで人は鍛えられます。
  2. 「地方都市に行くと見えないものはタダと思っている人が多いので仕事が難しいと思います」と話をもらったこと。デザインや何かを教えることなど形のないものはタダと思っていますが、見えないものに価値があることが多いと思います。
  3. 人生とは何かを感じさせるライブを鑑賞したこと。生きるとは「今」だと思います。生きているのは「今」という時間だけです。ライブ終了後、ご一緒したY先生と、人生について話しました。この「今」も人生です。

12月2日(土)

  1. 県議会議員在籍10年のお祝いのメッセージをいただいたこと。知ってくれてメッセージを届けてくれた皆さんに感謝です。
  2. 直川用地の桜の木周囲の雑草除去作業をしたこと。用地がきれいになっていく状況を見て嬉しくなりました。
  3. 社会人になって5年目の若い人に対して議会報告会を行ったこと。議員の活動や立ち位置、その役割を伝える良い機会となりました。

12月1日(金)

  1. クリスマスツリー今朝、挨拶に伺った教室の先生の玄関に大きなクリスマスツリーが飾られていたこと。「季節を感じますね」と話すと、「仕事柄ですから」と笑顔で答えてくれました。こんな素敵な出迎えをしてもらえている生徒さんの喜ぶ顔が浮かびました。
  2. 和歌山県議会が開会し、その中で県議会在籍10年の表彰をいただいたこと。初当選してからアッと言う間の10年だったように感じます。
  3. 久しぶりにカラオケに行って歌ったこと。3時間という楽しい時間は、とても短く感じました。